上永谷こう脳神経クリニック上永谷こう脳神経クリニック

上永谷こう脳神経クリニック

MENU

症状

Medical

頭が痛いHead hurts

頭が痛い

頭痛には頭蓋内に脳血管障害や脳腫瘍などの脳疾患が原因である二次性頭痛と頭蓋内には異常のない一次性頭痛(片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛など)があります。

二次性頭痛

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍など的確に診断いたします。入院の必要な場合近隣の専門病院と連携して治療していただきます。

一次性頭痛

頭の中には異常のない良性の頭痛です。片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛などです。これらの頭痛の多くは市販の鎮痛剤を漠然と使いなかなか治らなかったり、きちんと診断されないまま薬を飲み過ぎでさらに痛みを誘発させていることが多いのです。当院では的確な診断のもとに患者様一人一人に合った適切な治療薬の処方と日常生活上の指導をして行きます。

めまいがするTo feel dizzy

めまい

平衡感覚は内耳からの前庭感覚・眼からの視覚・足(筋・腱)からの前庭感覚とこれらを統合する中枢(脳)によって成り立っています。これらの相互間の異常によってめまいが生じるため原因は多岐に渡ります。当院ではこれらの末梢性めまいから中枢性めまいまで鑑別診断いたします。

末梢性めまい

良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、メニエール病、突発性難聴などです。めまい以外の随伴症状や眼振の所見にて鑑別して、適切な治療をします。

中枢性めまい

脳卒中や脳腫瘍によるめまいで急な治療を要することが多く、CT・MRI検査にて診断いたします。

脊髄レベルでの病変による失調性めまい

その他貧血など全身的な問題で起こるめまい

採血、心電図検査や病歴経過など総合的に判断します。

よく物忘れをするWell forgetful

物忘れ

近年社会的問題になっています認知症を生じる原因疾患は数多く存在します。日常われわれが遭遇する機会の多い疾患はアルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症です。これらを早期より的確に診断がさなれ、その進行を遅らせる薬を服用したり、周囲のご家族のご理解のもと自立した社会生活をしてゆくことをサポートいたします。

一方で脳腫瘍、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫などは同様の認知症障害をきたすことがあり、脳神経外科的治療によって劇的に回復いたします。ご自身またはそのご家族の方で気になる症状がありましたら是非ご相談ください。

手足がしびれるNumbness in my limbs

手足のしびれ

手足のしびれは首や腰の変形による神経への圧迫などが原因で起こったり、脳梗塞や脳腫瘍などの脳の病気が原因でおこることもあります。また、末梢神経障害や糖尿病など代謝障害などもかかわってきます。詳しい神経学的診察とCT・MRI検査による画像をともに診断・治療をしてゆきます。

手足の力が入らないThe power of limbs does not enter

  • 急に手に力が入りにくくなったが、しばらくして良くなった。
  • 字が上手く書けない、ハシを上手く使えない。
  • 呂律がまわらず、何をしゃべっているか聞き取りにくいと言われた。
  • 思っている言葉かま上手く出てこなかった。

手足の力が入らない

もし、このような症状があったら要注意です。
一時的な脳の血流障害(一過性脳虚血発作)を疑う必要があります。また、長く続けば脳梗塞を起こしている可能性もあり専門的な診察によって正しく症状を把握し速やかに頭部CT・MRI検査をする必要があります。

ケガをしてしまったI got injured

ケガ

当院は頭部・顔面のケガに迅速に対応します。
頭部・顔面のキズの縫合処置をいたします。

小さな外傷でも頭蓋内出血や脳挫傷などが発生する場合があります。受傷時意識消失があったり、頭痛が続く場合、吐き気が強いなどの症状があるときは頭部の精査が必要です

特に御年配の方は軽い頭部外傷後1,2ヶ月してから頭の中に血腫が溜まってくる慢性硬膜下血腫という疾患があります。手足の動きが悪い、歩行障害や頭痛がする、ボケが進行したなどの症状がありましたら頭部精査が必要です。